tomo ni yukashiki
下準備/ループ作り
今回の展示会で、たくさんご注文を頂いた商品たちを
只今、せっせと製作しております。
作業に入る前にすること。
まず集計を出して、生地も含め、糸や副資材、
必要なものの在庫を確認し、足りないものは、発注を掛けたり、
生地を洗ったり、いろいろ下準備。

そんな下準備の中の一つ、ループボタンの共布ループ作り。
tomoshikiのシャツは、ベーシック系のシャツ以外は、
ほぼ、ボタンホールはありません。
ボタンの付くところは、ループボタンになっています。
特に、鈴ボタンは、共布ループでないと!
そのため、共布のループがたくさん必要となるのです。

その都度、ループを作っていると大変なので、
最初に、オーダーの入っている素材でループを
たくさん作り置きしておきます。


 
続きを読む >>
<製作日記> 
年内最後の針仕事
今年も残すところ、あと3日!

年内最後の針仕事は、お直しの仕事となりました。
ジャケットのお袖丈を短くする、お直しです。

tomoshikiのジャケットの裏地の仕立て方は、
最後に袖裏をまつり付ける方法。
こうすることで、ジャケットもご家庭でお洗濯しやすく、
お洗濯の際もアームホールの型くずれもしにくいのです。
というか、私自身が、この仕立て方が好きなだけですけどね(笑)

お直しの際は、このまつりを解いて、袖丈をカットし、縫い直し、
再びまつり付けて完成です。

実は、お恥ずかしながら、お直しは苦手な分野…
でも、アームホールのまつりは結構好きな仕事で、
キレイに仕上がり、気持ちよく年内最後の針仕事を
終えることが出来ました。

今年は、ブランド名を変えることになったりと
たくさんの貴重な経験をしながら、
バタバタと走り抜けた1年となりました。

そして、改めて、応援して下さる方々がいて下さることの
有り難さを心から感じる1年でもありました。

本当に、ありがとうございました。
また、来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ…

 
<製作日記> 
製作日記/巾着袋

なんだか可愛いこの形。
巾着袋を作る、途中工程での形なのです。
いつも作りながら、
「やっぱりいい形だな〜、このまま何かにしようかな?
 中綿入れて、鍋つかみとか…ありきたりか…」
なんて、思いながら次の工程に入り、巾着になるのです。

『冬を愉しむ品々』まで、1週間を切りました!!!
今回、オリジナルをお出しするのは、ごく一部なのですが、
その中の一つの巾着袋。
ギリギリになっていますが、只今製作まっただ中!

今回、冬を愉しむと言うことで、ウール素材と革素材を使って作っています。
これから、紐を通して、パーツを付けて、紐の先の始末をして…
意外と手間のかかる巾着袋でした(汗)

さて、明日から、今回ご用意する品々たちをご紹介致します。
<製作日記> 
ちょっとした別注
9月の展示会の製作も終盤。
こちらは、東京からお越し頂いたお客さまの商品たち。
いつも、東京での展示会にお越し頂いているお客さまなのですが、
今回、奈良まで展示会に来て下さり、オーダーして下さいました!
本当に嬉しかったな…
背の高いお客さまなので、丈バランスの調整が必要になります。
こちらの3つのアイテムも定番より、5cm〜25cm長くお仕立てしました。

サイズオーダーはお受け出来ないのですが、
単純な、着丈や袖丈を長くしたり、短くしたりと言うご希望には
お答え出来ますので、オーダーの際には、ご相談下さい。

それと、素材の乗せ変えも可能なものもございます。
先日ブログで書いた、カシュクールワンピの色違い。
マスタードも完成!
無事にお客さまの元に…

また近々、イベントや展示会など、今後の予定をご案内したいと思います。

 
<製作日記> 
製作日記/カシュクールワンピ
あっという間に、10月も終わり。
本当に月日が経つのは、早い…
9月の展示会で、有り難いことに、たくさんのご注文を頂き、
製作の日々を送っています。

今回、一番人気だった新作のカシュクールワンピ。
新しい麻の素材。定番で使う色は、チャコール(化学染料)。
ただ、この素材、生地メーカーさんが、色んな色をストックされているので、
今回、別注で、その他の色もお受けすることが出来ました。
手前がチャコール、後ろがネイビー。
見えない内側に、星止めが。
羽織る感じで着ると、チラリと見え隠れします。

来月には、マスタードを作る予定。
きっと、格好良くなるに違いない。仕立てるのが楽しみです。


 
<製作日記> 
製作日記/handwork
気が付けば、展示会まで後2週間!!!
毎日、せっせと製作の日々を送っています。

製作行程の中で、一番好きなこと、
それが、最後のハンドワークです。
星止めに、菊穴、カン止めetc…

好きなことと言うか、なんだか無心になれること。

菊穴などは、綺麗に出来たときの嬉しさたるや…(笑)

地味な作業の最後のまとめ。
ちょっとしたところですが、そこを手を抜くと全てが台無しになるようで…
気合いが入る手の仕事です。

今日も、チクチク、チクチク、飾りの星止め。


今回、ニットなど一部を除いて、ほとんどを自分たちで、
縫製しているので、あまり多く作ることは出来ていませんが、
定番のデザインから新作まで、色々お出しする予定です。

来週末には、商品の写真も少しアップできると思います。
お楽しみに。

 
<製作日記> 
製作日記/パターン(型紙)の製作
9月の展示会に向けて、少しではありますが、新作を製作。
トワールを組み、切り替えの位置などの微修正をしていきます。
トワールを組みながら、仕様なども考えたり、
どういう行程で縫製していくかを考え、
どのように縫い代を付けていくかを決めて、型紙を作るのですが、
その作業が、一番頭を悩ませる時間でもあります。

悩み抜いた上に完成した型紙でも、
実際、縫製してみると、色々改善点が出てきたりするもので…

いやはや難しい…と、いまだに思うのです。
新作をバンバン作る方ではないので、やはり、経験がモノを言うのでしょう。
まだまだ『ひよっこ』です。

 
<製作日記> 
染め用のシャツ
定番のリネンのベーシックシャツ。
今回、オーダー頂いた方は、ご自分で染めをされる方。
しばらく白シャツで楽しんだ後、藍で染めたいと言うことで、
綿糸で縫製させて頂きました。
普段は、基本的に一般的なポリエステルの糸を使用しているのですが、
製品染めをする時にだけ、綿糸を使用しています。
(染め色が決まっていて、すぐに染色する場合は、染め色の縫製糸(ポリエステル)
で縫うことが多いです。)

全て、綿糸にしたい所ですが、色の種類が無いことと、
滑りが悪いため、ミシンの調子を合わせるのが難しいのです。
目飛びしたり、、、色々。まだまだ未熟です。

それから、通常、カフスや衿には接着芯を貼るのですが、
今回はそれを使用せず、薄手の綿ガーゼを挟みました。
これで、薄手の生地でも芯まで染まるので、芯が透けることはありません。

最後に、台衿に∴を刺繍して。
こちらも綿糸で刺しましたので、染めると同じ色に。
目立ちませんが、なんだか気になる立体感を感じて頂けるかな。

先日、納品も完了。
オフ白の爽やかなシャツ、とても気に入って下さいました。
いつの日か、違う顔(美しい藍の色)になって再会できる日を楽しみに。

綿糸での縫製を希望の方は、ご相談下さいませ。
ただ、出来ないアイテムがあったり、綿糸の色がオフ白と生成りのみなので、
制限はありますが…

 
<製作日記> 
製作日記/草木染めのシャツ

5月も半ばを過ぎました。
2月の東京での展示会から、早3ヶ月半…
名前の変更もあり、バタバタとあっという間に時が経ったように感じます。
その展示会で頂いたオーダー分の製作もやっとこれで最後。
すみません。。。3ヶ月半もお待たせしてしまって(汗)

最後の製作になったのは、草木染めのダークネイビーシリーズ。

tomoshikiの草木染めのシリーズは、現在、北九州在住の
染織り作家である『koruri(こるり)』さんにお願いしています。
手染めで少しずつ丁寧に染められた定番のダークネイビー。
藍染め+草木染めで染め上げて頂いています。

今回、たくさん草木染めのオーダーを頂いたのですが、
作家活動の合間を見て、少しずつ染めて頂くため、
数回に分けて納品して頂いた染め生地。
最後の生地も無事に到着。

いつもながら、綺麗に染め上がっています。
koruriさんには本当に感謝です。

さて、仕立ての作業。
染め生地は、地の目がどうしても歪みます。
それを整えながらの裁断は、結構、神経を使うのですが、
それは、相方(岸本)の腕の見せ所。
ポイントを押さえて裁断してくれるので、安心して仕立てられます。


裁断の後は、まず飾りのハンドステッチ。
上の写真は、単純な波縫い。
綺麗に染めて頂いた生地、単純な波縫いもまっすぐに、
等間隔にと気合いが入ります。
デザインによっては、星止めを入れたり。



今回作ったのは、ドレープベストとギャザーたっぷりのシャツなど。



ミシン作業の後は、いつものようにハンドワーク。
菊穴や飾りのカン止めを入れていきます。
これも配色で入れていくので、目立つため、気合いが入る瞬間です。
歪まないように… 
失敗しないように… 

最後にネームを付けて、いざ、お客さまの元へ…
本当にお待たせ致しました!
長くご愛用頂けますように…
 
<製作日記> 
製作日記/白いシャツたち
4月に入り、桜が満開になったと思ったのに、ぐずついたお天気の毎日。。。
今日もセッセと洋服づくり。
2月に行った東京での展示会で、たくさんのご注文を頂いていたお洋服たち。
仕立てては、お客さまにお届けの日々を送っております。
突然のブランド名の変更で、色々ご迷惑をおかけしてしまったのですが、
皆さん、快く受け入れて下さり、本当に感謝です。

今、製作しているのは、オフ白のシリーズ。
糸替えの手間を最小限にする為、同じ色目のものを、集中して作ります。
オフ白は、特に汚れ等が目立つので、細心の注意が必要。
違う色の糸くずなどが混入しないよう、ミシンの手入れも入念に。



一番人気だったシャツは、肩の部分に飾りの星止めが入ります。
糸を2本取りで刺して行くと、少し立体感のある星止めに仕上がるのです。
後は、おおかたミシンで仕立てて行くのですが、
最後にポイント、ポイントに手カン止めを入れたり、
刺繍を入れたり。ひたすらチクチクと手の仕事を入れていきます。

 
完成したシャツたちです。
明日は、なんとかお天気が良さそうなので、最後に洗いをかけて、
最終仕上げです。
白いシャツは、やっぱり爽やかですよね。
これから夏にかけて、大活躍してくれそうなシャツたち、
ご注文頂いた皆さん、お届けまで、もう少しお待ち下さいませ。

 
<製作日記> 
<< | 2/2 |