tomo ni yukashiki
『TOMOSHIKIのシャツとワンピース』(奈良)終了しました
一昨日、奈良の展示受注会が無事に終了しました。

奈良での完全な受注会スタイルの展示会は、初めてでしたので、
足を運びにくいのではないかと思っておりましたが、
フタを開けてみれば…
三日とも、お天気もよく、ぽかぽか陽気で、
1階で石田理恵さんがカフェをして下さったこともあり、
連日、お客さまが途切れることなく、お越しくださり、
盛況の中、無事に三日間を終えることが出来ました。

ご来展頂きました皆様、ありがとうございました。
そして、奈良でも予想を遥かに超えるご注文、
本当にうれしく思います。
重ねてお礼申し上げます。

ただ、春夏物の受注会とお伝えしておきながら、
結局最後は、お届け予定が秋になってしまった方も…
ただただ、申し訳なく思っております。
本当にすみません。

そんな中でも、
『急いでないから、いつでもいいですよ。』
と、ご理解頂き、皆さんご注文下さって、
感謝の気持ちで、いっぱいになりました。

本当にありがとうございました。

さあ、受注会も終わり、これから製作の日々のはじまりです!
ご注文頂きました皆様、お待たせしてしまいますが、
洋服たちの完成まで、楽しみに待っていて下さい。

続きにて、今回の展示会の様子。
よろしければご覧下さい。


 
初めての、靴を脱いで入ってもらうスタイル。
素敵な下駄箱は、石田さんの妹さん作。
椅子や机、蔵の随所に木工作家でもある彼女の作品が…

1階が、石田さんのカフェ。2階が私たちの会場。
下駄箱の上に鳥籠をつかってミモザを飾ってみました。

階段を上がると私たちの会場です。

靴を脱いで上がるので、なんだかお家にいるみたい。
私達にとっては、落ち着く空間。皆さんは、いかがでしたでしょうか?

漆喰の白い壁に、木の温もり。暖かみもあり、凛とした、空間。
場所が変われば、洋服たちもまた違う顔に見えて来る。
それも面白いところです。

こちらは、今回の会場に飾った『アオモジ』
はじめ、ほとんど蕾だった花が、連日の暖かさで、
三日目には、たくさん綺麗な花が咲いていました。

2階の唯一の窓からは、優しい日の光と、緑が見えて、
朝一には、鳥のさえずりも聞こえてくるのです。

そしてこちらは、オーダーをお受けする際のテーブル。
テーブルの上には、私たちのユカシキモノ。
野鳥の本だったり、木の実だったり。
ご注文を受けながら、鳥の話やどんぐりの話で盛り上がりました。
東京展でもそうでしたが、
興味を持って下さっている方が、多いことにビックリ。
それは、今回の展示会で密かにうれしかったことでした。

そしてそして、今回の目玉は、こちら。
試着室でございます。(洋服ちゃうんかい!笑)
いつも、新しい会場に行くと、大変なのが試着室なのです。
どこに、どのように作るのか…
そこで、今回、考えに考えて出来たのが、この試着室です!
仮設トイレや仮設更衣室用のテントの骨組みを利用して、
外のカバーをオーガニックコットンのキャンバス生地で作ってみました。
両端には、古道具屋さんでゲットしたタッセルを付けてみたり。
我ながら、なかなかいい出来!と自画自賛。

バラせば、コンパクトになるので、
これからも活躍してくれること間違いなしです。

こちらは、石田理恵さんのカフェメニュー。
毎日、閉店後にハーブティーと焼き菓子を出して下さいました。
それはそれは、お腹にも心にも染み渡るものでした。

この三日間、彼女とイベントをご一緒させて頂き、
色々刺激を受けることもあったり、
準備段階から含め、細やかな心配りに、
ただただ脱帽しっぱなしでした。


そんな、充実した三日間。
あらためて、
ご来展頂きました皆様、
忙しい中、素敵なカフェを併設して下さった石田理恵さん、
理恵さんと共に、快くこの場所をご提供下さったお母様、
そして、今回も家族をはじめ、力をかしてくれたすべての方に
心から感謝いたします。


展示会を終え、ある程度の片付けを済ませて家に帰ると、
そこに待っていたのは、
案の定、泣きながら走って来る小さな家族…
『なあ〜、抱っこしてくれや〜』と、
よじ登ろうとしてきます。しかも、真顔で…
なんとも可愛いやつ。(ただの親ばかです)

これから、しばらくは、お家にいますから。

 
<報告> 
<< NEW | TOP | OLD>>