tomo ni yukashiki
けふの鳥/アオジ

久しぶりの『けふの鳥』

前回の『けふの鳥』から、一年以上経ってしまいました(汗)

でも、決して鳥に飽きたわけではありません!

 

昨年は、新店舗のオープンがあり、なかなか野鳥観察に行けず仕舞いで、

さらに、カメラが壊れて、写真を撮ることが出来なかったのです。

 

今年からは、また日常の野鳥、四季折々の野鳥を

少しずつでもご紹介できればと思っています。

(と言いつつ、もう3月なんですけどね(笑))

 

『アオジ(英名:Black-faced Bunting)』
 

さてさて、今回ご紹介する鳥さんは、アオジ。

私たちにとって、とても身近に感じている小さな冬鳥です。

もう、冬も終わりを告げようとしているタイミングでの

冬鳥のご紹介…

 

詳細は、続きにて。

 

 

アオジは、以前にご紹介したルリビタキと同じ漂鳥に分類される野鳥で、

日本国内で、季節によって移動する野鳥の一種です。

ここ奈良県では、越冬地に当たるので、冬鳥になります。

 

スズメほどの大きさで、

奈良公園ではもちろん、平地の公園や、住宅街の庭でも見かけることが出来ます。

ここ最近は、ショップの裏庭にも姿を見せてくれる時があるので、

行動を観察しながら、ほのぼのしています。

 

地面に降りて、エサとなる種子や虫などを見つけては食している事が多いので、

比較的、見つけやすい鳥さんです。

 

この写真の子はオス。

頭頂部がやや緑がかった色をしていて、

このような緑色を、古くは青と呼んでいたので、

名前にアオが付いているんですって。

 

そして、目元が黒いのが成鳥♂の特徴。

そのせいか、角度によっては、

かなり人相いやいや鳥相が悪い子に見えちゃうのです。

オスのアオジをみつけては、『今日も悪い顔しているね〜』なんて

言いながら、観察しちゃう私たち。ごめんなさいね。

でも、それは、愛嬌があって、可愛いいってことなんです。

 

それから、オス・メスともにお腹は黄色くて、柄もほぼ同じ。

ただ、メスの方が全体的にやや淡い感じです。

 

この写真は、たぶんメス。

オスに比べて、表情が柔らかく感じますよね。

背中から見たら、一見スズメ?

でも、お顔が全然違う。

実は、スズメだと思っていた子が、よく見たら、

アオジだったりするかもですよ。

 

そして、「なんか悪そうな顔してるな〜この子」と思ったら、

その子は、オスのアオジさん!

 

 

<けふの鳥> 
<< NEW | TOP | OLD>>