tomo ni yukashiki
『冬を愉しむ品々』出展商品のご紹介/PUENTE(プエンテ)
さて、本日は、昨日に引き続き、2大メインのもう一つ、
PUENTEさんのご紹介です。

PUENTE(プエンテ)

「ほっと心が和らいで、体の芯からあたたまり、笑顔で日々の生活を送るために…」
南米ボリビア、ペルーの作り手の方と共に
手づくりによって、そんな『体をあたためるもの』を
作られているブランドです。

素材は、主にアルパカ。
アルパカの毛は軽くて保温性が高いのが特徴なので、
とてもあたたかい素材です。

PUENTEさんの商品には、2つのラインがあります。
ボリビアで作られた、機械紡ぎ・手編み・手織りの『Mano』
ペルーで作られた、手紡ぎ・手編み・手織りの『Rueca』

手編み、手織りが基本なので、
柔らかく、程よく空気を含んでいるため、さらにあたたかく感じます。
今回は、それぞれのラインから、
手編みの靴下や手袋、ウォーマー、ショールなどの小物類や、
手編みのベスト、セーター、コート、レギンスなどの衣類まで、
多くのアイテムをご用意致します。

ぜひ、お気に入りの一枚を探しにお越し下さい。
(続く…)
 
PENTEさんの商品を初めて手にしたのが、
写真の手編み靴下。
履き心地も良く、底部は綿の糸を撚り合わせているため、
強度もしっかり考えられています。
その他にも、ニットコートや手袋も愛用しているのですが、
どれもこれも、
海外の手づくりの商品にもかかわらず、
クオリティーの高さに驚いたことを覚えています。

出会った当時、私たちはショップをしていたので、
お取り扱いさせて頂きたいと思っていたところ、
偶然、共通の知人が。

おかげで、話がスムーズに進み、お取り扱いさせて頂けることに。

代表の落合さんは、私たちと同世代の女性。
お話を聞くと、
もともと、NGO関連の仕事で、ボリビアに行かれたのがきっかけで、
今の仕事は、全くの畑違いだったとか。

経験のない仕事で、さらに文化の違う中、
ここまでの品質にされたこと、
そして、背景まで考えたモノづくりに対する責任感、ただただ頭が下がります。

そんなPUENTEさんのあったかアイテム、
ぜひ、この機会に見て触れて、ゲットして、
この冬を、心も体もあたたかくして過ごして頂ければと思います。
<お知らせ> 
<< NEW | TOP | OLD>>