tomo ni yukashiki
baby baby baby…

今年は、やたらと何故かあちらこちらで赤ちゃんに遭遇する。

(人間ではなく、鳥さんのです(笑))

春は、求愛の季節で、初夏は子育ての季節だから、

例年通りなんだけど、

単に今まで気にしていなかっただけなのか…

 

以前にブログで紹介した、毎年恒例のツバメの雛たちはもちろん、

ムクドリの雛にも会えたしね。

 

写真は、我が家の庭の木に巣を作っていた

キジバトさんの雛。初めて見ました。

その他にも…

 

続きにて、その他の写真いろいろ。

 


 

実は、毎年の様にキジバトさんも庭の木に

巣を作りにくるのですが、

今まで雛を見ることはありませんでした。

ところが今年、なんとなく覗いてみると、

確実に親のキジバトではない頭がふたつ並んでいました。

大きなお目目に、産毛。

う〜ん、お世辞にも可愛い♡とは言えない…

恐竜?なんて思いながら、見ていると、

たまに、その大きなお目目で、こちらをチラリ。

こちらに気づいても、慌てることなく静かな雛たち。

見ていたら、だんだん可愛くなってきた。

 

と、この写真を撮って、4日後…

巣に、雛たちの姿が無くなっていました。

 

あらら、もう、巣立ってしまったのかと

残念に思っていたら、なんと!裏庭で、お散歩している小鳩を発見!

 

じゃ〜ん!!!

じゃじゃ〜ん!

え〜!!!4日で、こんなに変わるの!?

めっちゃ立派な鳩胸の美しいキジバトさんに変身してる!

でも、確かに親鳥よりは少し小さめだし、

胸元や首元に、雛の時の産毛の名残りがあるな。

2羽の小鳩は、庭を歩いたり、木に止まったり。

これは、確実に巣立った子達だ〜!と、テンションMAX。

 

そして、今年は、こんな雛たちも見ることができました。

 

先日、たまたまアトリエ近くの図書館に足を運んだのですが、

入り口付近で、ビャービャービャーと騒がしい鳴き声が聞こえ、

声の方を見ると、この子たち。チョウゲンボウの雛たちです。

ちょうど、親鳥が餌を運んできた瞬間でした。

 

なんて幸運!

 

この声が聞こえてなかったら、気が付かなかった…

タイミング良く、餌を運んで来てくれて、ありがとう。

 

でも、ずっと見ていると、デビルマンに見えてきた…(笑)

 

こちらは、親鳥のチョウゲンボウ。

子供達に餌をあげた後、建物の天辺に止まって、辺りを見回し、

また餌を採りに飛んでいきます。

 

大空を旋回しながら…

 

先日使った写真も、この日に撮った写真の一枚。

よく、この付近でチョウゲンボウを見るのですが、

こんなところを巣にしていたとは、知りませんでした。

なんとも幸運に恵まれている気がしました。

 

鳥も、動物も、もちろん人間も、

やっぱり赤ちゃんは、可愛くて、癒されます。

 

今年は、色々大変な年だから、

この小さな出来事は、とても大きな幸運だと感じた瞬間でした。

ありがたや、ありがたや。

 

そして、

現在、お店の近くの奈良公園は、鹿さんのベビーラッシュ。

あちらこちらで可愛いバンビちゃんを見ることができます。

ただ、親子の鹿さんに遭遇しても、

騒がず、そ〜っと見守ってあげて下さいね。

そうすれば、リラックスした、可愛い姿を見せてくれるので。

 

明日から、お店。

ぜひ、奈良公園や春日大社を散策しがてらお越し下さいませ。

(ちょっと、お天気悪そうなのが、残念ですが…)

 

 

<日々のこと> 
<< NEW | TOP | OLD>>