tomo ni yukashiki
飛鳥へ

昨日は、春を思わせる本当に心地の良いお天気でした。

お昼休みをちょっと長めに取って、

少し足を伸ばして飛鳥(明日香村)の方へ。

 

上の写真は、以前、観光案内所で、

『なんと洒落たチラシ…』とGETしたもの。

しかも、興味ある内容…

考古学が大好きと言うわけではないけれど、

遠い昔の先人たちが使っていた(作った)モノたちに

どうも心惹かれるみたい。

 

と言うわけで、会期終了間際に、行ってまいりました。


続きにて、写真などを少し。

 

明日香村にある、飛鳥の歴史と文化を紹介する資料館『飛鳥資料館

実は私たち、飛鳥資料館に来るのは初めて!

興味津々で足を運びました。

 

そこで『飛鳥の考古学 2018』と言う企画展が行われていました。

企画展は、2017年度に飛鳥・藤原地域で行われた発掘調査の

成果を紹介されているものでした。

遠い昔、飛鳥時代の人たちが使っていた大量の食器などが、色々。

 

企画展は、明日までで終わってしまいますが、

常設が、なかなか良かったのでオススメです。

 

特に、第一展示室の一角にある小部屋。

そこは、秋期特別展だった『よみがえる飛鳥の工房〜日韓の技術交流を探る〜』

のコーナーでした。

好評につき、会期延長されていたようです。

どれも

これも

魅力的。

小さな小さな出土品にも心惹かれます。

そのまま、ピアスにしたいくらいに…

足元にまで、土器のかけらが展示されていました。

ここの空間は、展示の仕方が本当に面白かった。素敵でした。

この小さな空間で、時を忘れて滞在できるくらい…

私にとってのツボでした。

 

いつまで延長するかは決まっていない様子でしたが、

まだしばらくはやっているかも…(曖昧ですみません(笑))

気になる方は、お早めに。

 

そして、飛鳥と言えば、キトラ古墳。

キトラ古墳の壁面の複製陶板もありました。

複製…クオリティー高すぎ!

 

などなど、けっこう楽しむ事が出来ました。

ぜひ、飛鳥の歴史を垣間見に一度足を運んで見て下さい。

 

そして今回、ここに来るきっかけになったチラシ。

先日、そのチラシを作った方が判明!

ご本人が、お店に来て下さったのです。

なんと、面識のある方でした!!!ちょっと感動。

そんなこともあり、なんだか導かれるように向かった資料館。

 

短い時間ではありましたが、とても堪能する事が出来ました。

満足満足。

<日々のこと> 
<< NEW | TOP | OLD>>