tomo ni yukashiki
『鳥見の会』のご報告
雨天のため、延期開催となった『鳥見の会』でしたが、
昨日、無事に開催する事ができました。

前回に引き続き、天気予報では、雨の心配が予想されていましたが、
思いの外、開催時間の午前中は、お天気もよく、
皆で楽しくバードウォッチングを楽しむことができました。

数は、多くありませんでしたが、
いろいろな鳥さんを、存分に堪能できた鳥見の会。

今回の様子は、続きでどうぞ。


 
最初、参加希望をして下さっていた方のほとんどが、
延期になった為、参加出来なくなってしまい…
昨日、この日ならと参加して下さった方がいてくださり、
総勢8名の鳥見の会となりました。

興福寺から、奈良公園を抜け、春日大社周辺を
ゆっくりと歩きながら、鳥の声に耳をすませ、
『この声は、何て言う鳥ですか?』
と、ガイドの小野さんに聞いては、
また、耳をすます…
鳥の姿を見つけては、まずは黙視で観察。
そして、双眼鏡で見てみたり、時には、
小野さんのフィールドスコープで、見せて頂いたり。

小川を散歩しているカルガモのつがい巣の材料を必死で集めているシジュウカラ

今回、見ることができた鳥さんは、
カワラヒワ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、コゲラ、
カルガモ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ツバメ、ムクドリ、
ヒヨドリ、スズメ、キジバト、カワラバト、ハシボソガラスetc…
声だけ聞けた鳥さんは、キビタキ、アオゲラ

時折、黙視で見てもはっきり分かるくらいの距離で、
行ったり来たりの大サービスをしてくれる鳥さんもいたり。

この季節の鳥さん、キビタキ。
会の終盤、とても美しいさえずりを長い間、聞かせてくれました。
しかも、本当にすごく近くにいた感じ。
葉が茂り、見つけることが出来なかったのが残念。 
でも、キビタキのさえずりは、皆さんの記憶に残ったはず。

今回、見ることが出来たのは、留鳥さんで、
すごく珍しい子はいませんでしたが、
バードウォッチング初心者の方が多かったので、
こんなに可愛い鳥さんが、こんなに身近にいること、
声は聞いたことがあったけど、こんな鳥さんだったんだ!
=家の近所にもいるってこと。
など、いろいろ気づきもあったり、
緑の中で鳥のさえずりに、耳を傾ける心地よさを、
感じて頂けたのではと思っております。

ご参加して下さった皆さん、
ガイドをして下さった、小野さん
お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
今回、ご参加できなかった皆さん、また、是非次の機会に!

ゆるりと力の抜けた、鳥見の会。
次回開催は、まだ未定ですが、季節や場所を変えてみたりして、
開催できればなと思っています。
鳥見の会の告知は、基本的にブログでだけとなりますので、
ご興味のある方は、ブログをチェックしていて下さいませ。


 
<報告> 
<< NEW | TOP | OLD>>