tomo ni yukashiki
お庭の野の草

梅雨入り目前。

野の草たちが、元気一杯の季節になりました。 

雨が降るたびに、ぐんぐん成長する草達。

お庭の手入れも大変です(汗)

と言っても、大した手入れは出来ていないのですが…

 

でも庭の手入れをしながら、

お気に入りの野の草を見つけては、ちょっと摘んで

お店に飾ったりできるので、この季節、助かっています。

 

今のお気に入りは、「カキドオシ」

お花の時期は過ぎたのですが、

地面をはうように伸びた葉が、また可愛くて。

 

普通に切って生けると、すぐに萎れてしまうのですが、

根が付いている部分を少しでも一緒に摘んで、

根の部分を水に浸けてあげると、

かなり長く楽しむことが出来るのです。

 

その他にもお庭で採れる野の草、いろいろ続きにて。

 

 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
長押フック

モルタルの壁面に備え付けた木の板。

日本建築によく見られる『長押(なげし)』風に

大工さんに作っていただいた物です。

上部に溝があるので、

フックを使用して吊るす形でディスプレイできるのです。

 

ただ、長押用のフックが、

市販のものになかなか良い物がなく、ずっと探していました。

たまたま古道具屋で手に入れた鉄のフックがあるのですが、

その質感、デザイン、造り全てが理想的。とても気に入っています。

ただ、長さが長い物だったので、

長さ違いで作れないものかと長い間模索していたのですが、

なかなか難しく、諦めかけておりました。

 

ところが、少し前、友人にそんな話をしていたら、

『ちょっと聞いてみてあげる』と。

そこから、あれよあれよと話が進み、作って頂けることに。

そして先日、私たちの理想的なフックが、届いたのです!

 

作って下さったのは、造形作家、鯱丸邦生(しゃちまる くにお)さん。

今回は、生活道具を提案するブランド『TODAL(トダル)』

として制作して下さいました。

 

続きにて、完成した長押フックの写真など。


 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
宝石のような…

秋から冬にかけて、散歩に出かけると至る所に誘惑が…

様々な植物たちが、次の子孫を残すための実をつけ、タネを落とすこの時期。

実や種に心惹かれる私は、誘惑に負けて前に進めないこともしばしば(笑)

 

写真も植物の実。

実がはじけ、中から真っ赤な種が。

その真っ赤な種は、まるで宝石のよう…

殻のフォルムも素敵で、このままアクセサリーに出来るのではと思うくらい。

ついつい集めてしまう種のひとつなのです。

この植物の名前は『トベラ』。

 

種のツヤツヤの正体は、粘液。

触ると少しベタベタしています。

その粘液によって、鳥さんのくちばしなどにくっ付き、

種を遠くに運んでもらうんですって。

より多くの種を、より遠くに。

自ら動けない分、

風の力や虫、鳥に動物、時には人間の力を利用して。

植物の子孫を残すための工夫には、

本当に感動するばかりです。

 

今年ゲットしたトベラの実、現在お店に飾っています。

ご来店の際には、ぜひ見て下さいね。

 

 

 

<ゆかしきモノ> 
心惹かれる拾いもの

なんとも言えぬ佇まい…

これは、アオギリの種。

先月末、ちょっとお散歩にと馬見丘陵公園に出かけた際に、

見つけちゃいました。

時期的には、もう遅く、こんなに綺麗な状態のモノが

ゲット出来るとは。かなりの感動。

そして、馬見丘陵公園にアオギリがあること、

この日まで知らなかった私達、

本当にうれしい発見でした。

まだ、若そうな木だったので、最近植えられたのかな?

 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
ついつい…

先日、息抜きにとお散歩に出かけました。

日頃なかなか運動をすることもないので、

ちょっとぐらいは歩かなくちゃ!と言いながら、

歩いては、あっ!、あっ!と何かを見つけては拾う繰り返し。

なかなか前に進めず、帰る頃には、袋一杯に落ち葉や松ぼっくり、木の実に樹皮。

この季節のお散歩は、要注意。

 

でも、自然が作り出す造形美、ずっと見ていてもあきることはありません。

拾ったものたちは、お店のあちこちにディスプレイ。

そして、プレゼント包装にちょっと付けてみたり。

 

こんなに身近にある小さなゆかしきモノ。

これだけで、心が豊かになる。偉大なモノたち。

 

今回拾い集めた、モノたちの詳細は、続きにて…

 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
見えないところに、ゆかしさあり。

なんとも美しく等間隔に整然と並ぶ木枠。

でもこれは、下地を作る過程の作業。

仕上がってしまったら、中に入って全く見えなくなるモノだけど、

この先の作業をスムーズ且つ効率的に進めて行く為に、必要な大事な仕事。

見えない所に、とても緻密な作業がいっぱいの、大工さんの仕事。

 

トントントンッ、カンカン、チョイーン(丸鋸でカットしている音のつもり…)

正確に、手際良く、行われる作業のひとつひとつ。

ずっと見ていても飽きない。

モノが出来上がる過程を見るって、本当におもしろい。

<ゆかしきモノ> 
切手2

相変わらず、心に響く切手があると買ってしまうのですが、最近のお気に入りは、

1990年に発行された馬と文化シリーズの『仔馬』。

デザインも色合いも好き。金額の表記がシルバーを使っているのも素敵。

デザイン以外でも、この年代の切手は、62円なので、プラス20円切手を貼れば、

使えるのが魅力。

 

現在、ハガキは52円、手紙は82円。

古い切手を使うとき、いつも2円がネックになるのですが、

41円切手や62円切手は、とても重宝しています。

 

そして、この仔馬の切手の最高?の組み合わせ。

それは続きにて。

 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
アンティーク釦

心惹かれるアンティークの釦。

1個しかなかったり、もう手に入らないものがほとんどで、

なかなか洋服に使うことは出来ないのですが、

いいなぁ〜と思うものは、思わず買ってしまうモノ。

 

特に、ヨーロッパのものが多いのですが、

古いものは、デザインが凝っていたり、素材の使い方が格好良かったり。

見ているだけで、幸せな気分になります。

 

いつか、こんな釦を作れたら…

なんて思いながら、参考サンプルとして集めているのです。

 

そんな釦の数々。ほんの一部ですが、続きにて。


 

続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
散歩での収穫

年内最後の展示会を終え、次は来年2月、東京の展示会に向けての
準備に切り替えるまで、ちょっとだけの休憩…
気が付けば、今日はクリスマスかと、我に返るのですが、
世のイベント事にはついて行けていない私達(笑)

とにかく今日はお休みだ!と、
午前中はお天気もよかったので、久しぶりにお散歩に行きました。

この季節、お散歩に出ると、
つい拾ってしまうものの一つ、百日紅(サルスベリ)の実。
実と言っても、この時期に落ちているのは、種を出した後の殻の部分。
私は、なぜか美しく咲く花よりも、実や種子に心惹かれるのです。
この歳になって、改めて思う、
自然が生み出す造形の美しさ、なんて素晴らしいのかと…
フォルムや質感はもちろんのこと、生き残るための知恵。
子孫を増やすための、仕組みにも頭が下がる思いです。

特にサルスベリの実は、本当に可愛くて大好き。
櫺漫覆気か)と呼ばれるタイプの実で、熟成すると、
タテの割れ目に沿って開き、種が出てくる。
種を出した後も、それはまるでドライフラワーのよう。
ちょっとした、一輪挿しに挿したり、器に飾ったり、
壁に吊るしたり、この季節のプレゼントのラッピングに付けてみたり…

種は、カエデなどと同じ、翼がある。
ひらひらと舞い落ちて、風に乗れば、遠くまで運ばれる仕組み。
色んな知恵を持った、種子。
知れば知る程、面白いなと、つくづく思うのです。

そんなことを思いながら、年の瀬の慌ただしいこの時期に、
お散歩すると、心穏やかになっていいものです。
とはいいつつも、家に帰ると
あれもこれもしとかなきゃ!と我に返ってしまうのですが…

最後に、種に興味を持ちはじめて、出会った本。
気になる方は、続きをどうぞ。

 
続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
ムクロジ石鹸
先日、思わず集めてしまう実として、ご紹介した『ムクロジ』

その中で、石鹸として使われていたとご説明しましたが、
実は、私たち、石鹸として使えることは、知っていたものの、
今まで、実際に試してみたことが無かったのです。

そこで今日、ムクロジ石鹸を作って試してみました。

その様子は、続きにて。

 
続きを読む >>
<ゆかしきモノ> 
| 1/2 | >>