tomo ni yukashiki
森のトリドリミドリのご案内

鳥見の会に続き、またまた野外活動のご案内です。

 

毎年同じコースにはなりますが、

一年一年、確実に変化している春日山原始林。

 

昨今の自然災害や鹿害などによって本来の原始林の姿を失いつつありながらも、

それを守ろうとするボランティアの方々の懸命な取り組みも含めて、

一人でも多くの方と共有したいと思ってほそぼそ続けています。

 

とはいえ、ベースにあるのは、身近な自然を愉しむ気持ち。

 

以下、詳細です。

 

トモニユカシキ課外授業

『森のトリドリミドリ〜春日山原始林を歩く〜』
日時 : 2019年4月10日(水) 雨天中止
         9:30〜16:00頃まで(集合9:15)
集合場所 : 春日大社本殿バス停前 (春日大社駐車場横)
参加費 :  1,000円
参加人数: ~15名程度(要予約)
持ち物 : お弁当、飲み物、雨具
コース: 春日大社→春日山原始林・滝坂の道→昼食(首切り地蔵)
→春日山原始林・南部遊歩道→高畑町付近で解散(約9km)

 

春の心地よいこの季節に、
平日の日帰りライトトレッキングツアーのご案内です。

 

春日山原始林を、奈良の巨樹巨木の案内人
酒井 二郎さんに同行して頂き、
色々なお話を聞きながら、歩きたいと思います。
木々を観察し、身近な自然を通じて、
さまざまないのちの繋がりを感じる。
そして、そこから学び考える。
そんなトレッキングツアーです。

 

今まで、身近にありながら、

なかなか春日山原始林を歩く機会がなかった方、
興味がございます方、歩いたことのある方も、
お話を聞きながら歩いてみると、
また違った世界が見えてきます。

 

是非この機会に一緒に歩いてみませんか?

 

主催/TOMOSHIKI
お申し込み&お問い合わせ

tel : 090-8385-3742(岸本)   

mail : info@tomoshiki.com

<お知らせ> 
飛鳥へ

昨日は、春を思わせる本当に心地の良いお天気でした。

お昼休みをちょっと長めに取って、

少し足を伸ばして飛鳥(明日香村)の方へ。

 

上の写真は、以前、観光案内所で、

『なんと洒落たチラシ…』とGETしたもの。

しかも、興味ある内容…

考古学が大好きと言うわけではないけれど、

遠い昔の先人たちが使っていた(作った)モノたちに

どうも心惹かれるみたい。

 

と言うわけで、会期終了間際に、行ってまいりました。


続きにて、写真などを少し。

 

続きを読む >>
<日々のこと> 
合間合間に、少しずつ…

只今、品薄状態の巾着袋。

ご注文頂いた洋服を仕立てる合間合間に、

少しずつ製作を進めているのですが、やっと形になってきた!

でも、とりあえず今日はここまで。

まだ完成までには、時間がかかりそうだけど、

そろそろ店頭に並べたいし、頑張らなくっちゃ!

 

<製作日記> 
『鳥見の会』@奈良公園周辺

もう、春の陽気が感じられる季節になりました。

そこで、昨年に続き、この時期に『鳥見の会』を開催いたします。

 

奈良公園で見かける野鳥の数が、ずいぶん減ってきたように感じている今日この頃ですが、

冬鳥の見納めに、そして春の花に集う小鳥たちの姿を、

ゆっくり散策しながら観察できればと思っています。

 

ご興味ございましたら、ぜひ、ご参加ください。

 

以下、詳細です。

 

鳥見の会(とりみのかい)奈良公園周辺

 

日時 : 2019年3月22日(金) 雨天中止
         9:30集合/12:30頃解散予定
集合場所 : 春日大社本殿バス停前 ・・春日大社駐車場横

参加費 : 無料 (要予約)
持ち物 : 双眼鏡(お持ちの方)、飲み物 、雨具
    歩きやすい服装・運動靴、両手がフリーになる鞄がベター
コース:奈良公園周辺(予定)

 

お申し込み&お問い合わせ/
tel : 090-8385-3742(岸本) mail : info@tomoshiki.com

お申し込みの際は、当日の緊急連絡先(携帯電話番号)もお伝え下さい。

 

 

そして、開催予告

トモニユカシキ課外授業
森のトリドリミドリ 〜春日山原始林を歩く〜』
2019年4月10日(水)に開催決定。

こちらの詳細は、また後日アップ致します。

 

『鳥見の会』とは…続きにて。

 

続きを読む >>
<お知らせ> 
籠松明

昨日、

修二会(お水取り)が大好きな友人に誘ってもらって、

朝から二月堂に足を運びました。

実は昨日、籠松明を作る日だったのです。

1日〜14日までの2週間行われる修二会の行の中で、

よくクローズアップされるお松明。

その中でも、12日にのみ使用されるのが籠松明。

長さ約8m(しかも根付き!)重さ約70kgほどの

大きな籠松明を作っておられるところを見学してきました。

 

(続く…)

続きを読む >>
<日々のこと> 
けふの鳥/メジロ

3月に入り、あちらこちらで梅の花が満開。

ショップのお向かいさんの梅の木も綺麗に咲いています。

そしてそこには、お食事をする鳥さんが。

と言うことで、一年ぶりの『けふの鳥』です。

 

『メジロ(英名:Japanese White-eye)』

 

この鳥さん、本当に花がよく似合います。

目の周りの白いアイリングがとても特徴的な、その名もメジロ。

 

詳細は、続きにて。

 

 

続きを読む >>
<けふの鳥> 
現在のオーダー状況(仕上がり予定)

今日は、tomoshikiオリジナルの洋服たちの

現在のオーダー状況をお知らせ致します。

 

本日2月26日現在、

只今のご注文で、5月上旬の仕上がり予定となっております。

日々、予定は変わりますので、ご参考までに。

 

どうぞよろしくお願い致します。

<お知らせ> 
3月の営業日

3月の営業日

   2日(土)・3日(日)・4日(月)

   9日(土)・10日(日)・11日(月)

   16日(土)・17日(日)・18日(月)

   23日(土)・24日(日)・25日(月)

   30日(土)・31日(日)・4月1日(月)

 

今週末には、もう3月。

1日からは、東大寺二月堂では修二会(お水取り)

の本行がはじまります。

昔から、『お水取りが終わると春が訪れる』とされる奈良。

今年は、暖冬で冷え込みも少なく、

すでに春の兆しもたくさん感じられてはいますが、まだ冬。

でも、春はもう目前です。

散歩するにも良い季節となりますので、

どうぞお散歩がてらお出かけください。

 

写真は、レジ前に飾っているお花。

蝋梅(ロウバイ)と山茱萸(サンシュユ)

ほんの少し置いているだけで、レジ前は蝋梅のいい香り。

 

<営業日のお知らせ> 
真鍮の練香挟み

今日は、和時さんの

練香をつまむための『挾み』のご紹介です。

 

<練香挾み>

brand:和時

size : 長さ11cm
quality : 真鍮
price : ¥2,700- (本体価格 ¥2,500-)

 

詳しくは、続きにて
 

続きを読む >>
<商品情報(その他)> 
春の兆し…

2月ももう半ば。

大好きな山茱萸(サンシュユ)の花が咲く季節。

繊細な感じのお花は、とても綺麗な黄色。

渇いた茶色の枝に、この黄色がとても映えます。

そして、この黄色の花を見ると、春の訪れを感じ始めるのです。

 

先日、お店の周辺をお散歩したのですが、

奈良公園周辺(片岡梅林や万葉植物園)の梅の木も

大分、花が咲いてきていました。

高畑界隈も

お庭に植えてらっしゃる山茱萸のお花も咲いていて

もうすぐそこまで来ている春を感じる事ができます。

 

まだまだ、寒い季節ですが、お花を鑑賞したり、

春の兆しを探しながら、

ゆるりとお越し下さいませ。

 

 

 

<その他> 
| 1/33 | >>